きまぐれモノログ。

気まぐれ者のおこだわりの記録。

デジタルプランナーという選択肢

手帳は手書き派ですが、手書きノートアプリを使えば手書き派でもデジタル管理できるようになるんじゃないかと思いました。

手帳は手書き派

カレンダーアプリの方が通知や繰り返し設定もあって便利なのは分かっているんですけど、タイトルを入力して〜時間を選択して〜登録するカレンダーを選択して〜とやっていると手書きの方が早いと思ってしまいます。

月間で予定を確認する時も件数が多いと隠れてしまうので、いちいちタップして詳細を開かないと見れなくて一覧性は良くないです。

手書きノートアプリならデジタル管理できそう

私は紙のノートの代わりに手書きのノートアプリを使っています。

Apple Pencilとの相性が良く、ストレスなく手書きができます。
また、文字や画像も簡単に移動でき、後から変更もしやすいです。
手書きノートアプリなら手書きとデジタル管理の良いとこ取りができます。

手帳も手書きのノートアプリで賄うことができればノートと一元化もできて便利になると思いました。

kimaguremono.hateblo.jp

デジタルプランナーに出会った

出会いはソニーのデジタルペーパー用テンプレートでした。
「2018年手帳の統合版」が正にソレでした!

デジタルプランナーとは

GoodNotes4やNoteshelf2などの手書きノートアプリで使える手帳のテンプレートです。
PDFのハイパーリンクで各ページに簡単に飛べるようになっているのが特徴です。

f:id:ma-shiro:20181011202825j:plain

直感的に操作できる

私の使っているGoodNotes4はカレンダーテンプレートが用意されていないので、Webで公開されているカレンダーやリフィルを読み込んで使っていました。
ページ数も多いので、該当ページにすぐに飛べるように各ページにブックマークを付けようとしましたがこれが意外と大変なんですよ。

デジタルプランナーならPDFのハイパーリンクで各ページに飛べるのでブックマークを付ける必要がありません。更に直感的に操作できます!

デコがしやすい

写真が簡単に追加できます。

絵が苦手でもイラストや写真を素材サイトからダウンロードして貼り付けることができます。
有料の素材でも一度買えば何度でも使えるので経済的です。

後からレイアウトの変更も簡単にできます。
これはデジタルならではです。

デジタルプランナーを自作しました

私好みのデザイン&フォーマットのものがなかったので自作することにしました。

note.mu

お試し用に無料公開しているものもあります。