きまぐれモノログ。

気まぐれ者のおこだわりブログ。

システム手帳が気になっているというお話

手帳選びに疲れた…

毎年、手帳を選ぶのが大変になってきました。
できればそろそろ1冊の手帳に落ち着きたいと思っていますが、自分に合った手帳にまだ巡り合えていないのが現状です。

いつもどこか満足できない

今、使っているのは「NOLTY U」です。


他の手帳を買う予定だったのに、店頭でグレーの表紙に一目惚れして購入してしまいました。
月間がカレンダータイプ、週間はレフト式というスタンダードなフォーマットで使い心地も悪くないんですが、B6サイズだから大きくて持ち歩かなくなりました。

持ち歩かないもんだから、手帳に書いた事をスマホに入力するという手間が時々発生し、その度に小さい手帳を買えばよかったと後悔したり。

毎年同じ手帳を使い続けたい

そこで、来年はNOLTY Uに似たフォーマットで小さめな「能率手帳3」にしようと思っていました。

能率手帳はロングセラーの定番商品。
書店での取り扱いも多いので田舎でも入手しやすい。
(能率手帳3を取り扱っている書店は少なめだけど…)

長く使うならこれだろうと思いました。

そう思っていたのに、急にシステム手帳が気になりだしました。

綴じ手帳の不満

自分好みの手帳を探すのが大変

カバーデザイン×サイズ×中身。
全てに満足する手帳を見つけるのは難しいので妥協する事もあります。

不要なページが多い

綴じ手帳には自分に必要ないおまけページが付いていたりする事も多いです。
もう見返さなくなった過去のページとか、必要ないページがなくなれば薄くなるのになぁと思ったり。

メモページに限りがある

綴じ手帳はメモページの枚数も限りがある為、コピー用紙を持ち歩いてメモを取り、その中から必要な情報を抜粋してメモページに清書していました。

そんな私のメモページは情報が分散していて探すのが大変です。
書き終わってからページを移動させられたらと思う事があります。

手帳が変わる度に書き写す手間

手帳が変わる度に必要な情報を書き写すのも面倒だと感じるようになりました。

綴じ手帳の不満をシステム手帳で解決!?

システム手帳の魅力は自分好みにカスタマイズできるところ。
システム手帳なら上記の綴じ手帳の不満を解決できそうです。

システム手帳は使いづらいイメージ

今までずっと手帳選びの選択肢からシステム手帳は除外されていました。
それはやっぱり使いづらそうなイメージがあったからです。

大きい・分厚い

システム手帳のイメージというと大きくて分厚くて、リフィルがぎっしり詰まっているイメージでした。

なるべく小さく・薄い手帳を望んでいた私には合わないと思っていましたが、ポケットに入るシステム手帳があることを知りました。

リングが邪魔

リングが邪魔で書きづらいとよく聞きます。
これがシステム手帳を選択肢から除外していた一番の理由です。

でも、小さいリングのシステム手帳なら邪魔にならないという情報を目にして試してみたくなりました。

破れやすい

過去にロルバーンダイアリーを使っていて破けた経験がありまして、結構ショックだったのを覚えています。
それ以来リング手帳は止めようと思いました。

しかし、これもパンチ穴を補強するシールを使えば破けるのを防止する事ができます。

高価

皮のバインダーだと1万円以上の物も多く高価ですし、リフィルも意外と安くないです。
市販品で一式揃えると結構な金額になりそうです。

試してみないと分からない

結局は試してみないと分からない事が多いと思います。

システム手帳は高価なので、そう簡単に試せないと思っていましたが、ダイソーでシステム手帳のバインダーとリフィルが売られていました。
バインダーは200円しますが、B6とB7サイズがあり、お試しにはとてもいいと思いました。

広告を非表示にする